青木良太が作る陶芸の作品とは?!プロフィールも合わせて紹介!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


陶芸において金や銀を使い、
現代に合う新しい陶芸を生み出した青木良太さん。
国内の歴史ある賞から海外まで高い評価を得ているなか、
現在、アメリカの個展に向けて
新たな製作に取り掛かろうとしています。
そんな青木良太さんについて調べてみましたので、
チェックしてみて下さい。

Sponsored Link


青木良太のプロフィール

images (4)

本名:青木良太(あおきりょうた)
生年月日:1978年3月
出身:富山県

 

岐阜県多治見市陶磁器意匠意匠研究所を卒業し、
それと同時に、岐阜県土岐市にスタジオを開設開設いました。

 

そのスタジオを原点にして、
国内外で18の個展個展を開催しています。

 

年間約15,000種類もの釉薬の研究を通じて、
金、銀、プラチナ等、陶芸では通常扱うことのない素材を使用し、
誰も見たことのない美しい作品を生み出し続けています。

国内外で年間開催される数多くの個展を中心に、
現代美術のアートフェアにも参加し、
他分野とのコラボレーションも行うなど、
陶芸の魅力を世界に伝えている、陶芸の伝道師です。

images (1)

彼のトレードマークは頭に巻いたターバンです。
薄くてシャープな作風でスタートしましたが、
今では重厚な陶器も手がけて作品の幅がどんどん広がっています。

 

今一番注目されている若手で、
絶えることのない好奇心・向上心が彼を支えているようです。

 

青木良太の作品

images (5)

今までの陶芸の常識を覆すような作品です。
金、銀、プラチナを使っているで、
見た目がとても綺麗ですね。

 

斬新な陶芸に行き着いたきっかけ!

images (2)

400年前の桃山時代に、
織田信長、豊臣秀吉たちが「茶の湯」という文化を発展させました。

 

素晴らしい茶碗を自慢したり、
武功に対して茶入を与えたりという世界で陶芸が浸透。

 

その後の陶芸家たちは、
桃山時代に作られた志野や織部なんかを再現しているだけで、
その繰り返しをしてるだけらしいです。

 

それが理由で、
陶芸が廃れて行っているのを何とかしようと、
桃山時代の精神を受け継いで、

 

「今という時代にあった焼き物を作る」
という思いが芽生え、それが役目だと思い込んで
陶芸をやっているそうです。

images

そんな青木良太さん。
アトリエに日の丸を貼って
「日本代表」を目指しているらしい。
陶芸と心中するとも言っているようです。
今後の活躍がたのしみです。

 

ではでは。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. images (2)
  2. images (83)
  3. images (19)
  4. ダウンロード (47)
  5. ダウンロード (8)
  6. ダウンロード (1)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。