ブリタニー・メイナード尊厳死を選択?!脳腫瘍で余命半年だった!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


脳腫瘍で余命半年を宣告された、
ブリタニー・メイナードさん。
アメリカの29歳女性が話題になっていましたが。
「尊厳死」という選択をしお亡くなりになりました。
そんな、ブリタニー・メイナードさんや尊厳死について
書きたいと思いますので、チェックしてください。

 

Sponsored Link


 

ブリタニー・メイナードさんの病気

ダウンロード (1)

ブリタニー・メイナードさんは、
結婚してわずか1年しかたっていない2014年1月、
ひどい頭痛をきっかけに悪性の脳腫瘍と診断されました。

 

すぐに手術を受けたものの、
3か月後に腫瘍はさらに大きくなっており、
余命6か月と宣告されましたのです。

 

そして彼女は、夫の誕生日の2日後の11月1日に
自ら死を選択することにしました。

 

アメリカではオレゴン州、ワシントン州、モンタナ州、
ヴァーモント州、ニューメキシコ州の5つの州で安楽死、
すなわち「医師による自殺ほう助」が合法化されています。

 

ブリタニー・メイナードさんは
自ら命を終わらせることが出来るオレゴン州へ
移住を決意しました。

 

癌の末期患者は、オレゴン州を最期の場所にすることがあるそうです。
薬を使って、苦しまずに、ということです。

 

そこで、ブリタニー・メイナードさんは残された時間を
安楽死の合法化拡大の運動のために捧げていました。

 

尊厳死とは?

人間が人間としての尊厳を保って死に臨むことです。
過剰な医療を避け,尊厳をもって迎える自然な死とされています。

 

医療技術の進歩により重症患者でも呼吸や栄養補給、
痛みを管理できるようになり,疾病によっては
死にいたる過程を人工的に引き延ばすことができますが、
尊厳死はそれを拒否した形といえるでしょう。

 

最後に、ブリタニー・メイナードさんの決断の言葉です。

「私は死に向かっている。
私は肉体的にも精神的にも苦しみを少なくする道を選んだ。
私だけではなく、家族にとっても」

 

ブリタニー・メイナードさんのご冥福を祈りいたします。

ではでは。

 

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. images (34)
  2. ダウンロード (86)
  3. ダウンロード (79)
  4. ダウンロード (24)
  5. ダウンロード (67)
  6. ダウンロード (29)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。